2009年10月10日土曜日

CD発売にあたり、お祝いメッセージをいただきました。






CD「BOOR BOO」発売にあたり、さとうたいき氏(book&bookstore)からお祝いのメッセージをいただきました。
さとう氏の承諾を得ましたので、ここに転載させていただきます。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ひどい夢をみた。

小学校の教室に僕はいて、給食当番をしていたんだ。その日はデザートがついてくる日で僕はみんなにデザートを渡していく係だった。昔ながらのあんドーナツ。みんな手をたたいて喜んだ。先生がみなさん静かにと低い声で言った。サリバン先生のように厳格な人だった。 小学生の頃の教室はそんなかんじだっけ。僕は得意になってみんなにドーナツを配った。ところが、ユキちゃんという大人しい子が「このドーナツは毒が入っているのよ。大変。」と言い出した。 僕は「でたらめ言うなよ、そんなはずないじゃん」と強く言い返した。そんなことは有り得ない。

彼女はそれでも強く主張するので僕が毒味をする事になった。

ひとかけらのドーナツをかじってみたら舌が痺れ始めた。僕はうずくまった。見上げてみるとユリちゃんはユリちゃんでなくなっていた。アフリカ密教の首長に変わっていた。おぞましい表情をした仮面を被っている。仮面は笑っている。ビートルズの「A DAY IN THE LIFE」が轟音で流れ始めて、空間はぐるぐるにねじ曲がる。ぐへっぐうああなんて苦しんでいると、仮面は僕の上司の声を借りて「お前が責任をとって会社を辞めろ辞めちまえ」と繰り返した…。
僕はあまりに恐ろしくなったので、絶叫しながら走り出した。

そこで目を覚ました。

月曜日の朝4時20分である。汗を拭きながら再び眠りにつこうとするけどあまりの恐さに寝れないんだ。そんな時はカーペンターズやビリー・ホリデイや金延幸子の悲しくて優しいレコードをかける。でも今日は何を聴いてもさっぱりだめな気分だ。出勤の時間は迫る。窓の外は雨。絵に描いたブルーマンデイが始まる…。

眠ることを諦めてリビングまで出た。朝刊もまだ届かない時間。
夢で食べた毒入りドーナツの味が舌に残っている気がしてコーヒーで紛らわせてみる。まだ半分は夢の世界。 どうしたことかbook&bookstoreというバンドの音が聴きたくなってきた。CDをかけた。

やっぱりへんてこな音楽だなあ。

ネオアコの爽やかな調べにあわせて「濡れたパンツ」という言葉が出てくる。アフリカと宇宙を繋ぐ「サラマーティンの憂鬱」。 そして狂った吹奏楽団の調べで始まる「僕は郵便配達をしていたんだ」という曲。可愛い歌詞が目につくけど幼い頃の幻想に彩られただけの世界ではない。「君の子供たちがお家で待ってるから 君 もうお帰りよ」と呟いて雨を眺める「僕」は現実を受け止めてしまうがために苦悩する大人。そんな大人たちが彼女と猫をはじめとした動物達と雨の箱庭を作り上げていく。おもちゃ箱をひっくり返す音や星が降る音や雨の音。そして沈黙する六月の音。

正直言って僕は雨が好きではない。

猫も好きではない。精神的にマッチョでありたいと思うからだ。そういう呈で日々をやり過ごしているし、晴れの日によく仕事をしてビールをがばーっと飲みまくって仕事のことを忘れて次の日もまた仕事をするというサイクルで動いていたいと思うのだ。僕にとって太陽やビールは潤滑油になっている。

ところがそう一言で片付けられる話でもない。
突然、太陽も見たくなければビールも手に取りたくない時が来る。パタリ、と音を立てて全てが止まる。

中原中也という人の「六月の雨」という詩がある。
矛盾した話なんだけれど、この詩を読んだ時に僕は昔から雨が好きだったのかもしれないという気持ちがした。book&bookstoreのフニャ・コツチンが紡ぐ詩、彼らの音も同じだったんだ。

本当は昔から雨が好きだった。

雨の日に母に連れられて行った水族館。用もなく一人喫茶店から眺めていた雨。雨音に合わせて調子良く作業をするベルリンの鍛冶屋さん。雨の音を鍵盤で奏でるマンハッタンのピアノマン。雨の日には魔法のかかった世界に飛んでいくのだ。止まってしまった僕の何かが少しずつ動き出す音が聞こえる。



僕は会社へ行こうという気がしてきた。夢のまどろみにいる気分で仕事ができるかどうか不安で胃は痛いけど、常に精神的マッチョである必要もないということを自分に言い聞かせた。そもそもそんな話自体ナンセンスだ。朝陽の光がリビングに射しこんできた。
背筋が伸びるぜ。


よし、今日は早めに出勤しよう。


2009年10月7日水曜日

【緊急】10月8日のライブ、中止になりました。






明日(10/8)のライブですが、台風18号接近のため中止になりました。
残念ですが、仕方ないです。

楽しみにされていた皆様、申し訳ありません。


2009年10月5日月曜日

【緊急】10月8日のライブ、出演時間変更のお知らせ





以前お知らせいたしました10月8日のインストアライブですが、台風接近という事態のため出演時間が変更になりました。



10月8日(木) トレッサ横浜
Sound Records 主催
フリーインストアイベント

料金:無料
1ステージ目 14:00〜14:25
2ステージ目 15:10〜15:35

アクセス:
東急東横線大倉山駅より約10分 アクセス詳細



台風接近は心配ですが、ぜひ応援に来てくださいね。
全曲雨の歌なんで、シチュエーション的にはバッチリです。
むしろウチらが台風を呼んだのか!?
なんかワクワクしてきた!!!!


2009年10月4日日曜日

死の1000本ノック!!!! 2009-10-04





本日は久々に、ユアーズスタジオで練習しました。
今度のライブに向けて、猛特訓しました。
ベンチに寝転がってるのが鬼教官のスミス軍曹です。
みんな疲れて泣いてます(笑)。

というわけで、10月8日は無料ライブです。
横浜のショッピングモールでインストアライブです。
予約とかないんで、気軽に遊びにきてね。



□■ ライブ告知 ■□

10月8日(木) トレッサ横浜
Sound Records 主催
フリーインストアイベント

料金:無料
時間:13:00〜13:20、14:30〜14:50

アクセス:
東急東横線大倉山駅より約10分 アクセス詳細






ユアーズスタジオのアイドル"オンプちゃん"と記念撮影。
癒されます。


2009年9月27日日曜日

CD完成しましたー。





新音源「BOOR BOO」が、遂に完成しました。
読み方はブーア・ブー。
エチオピアのヒトマネ猿の鳴き声に由来する。
この声を聴くと、ホームシックになると言われる。
また、俄雨を招くとも言われる。



「BOOR BOO」

1、サッカー
2、空間移動装置
3、サラ・マーティンの憂鬱(アーバンアフリカver.)
4、僕は郵便配達をしていたんだ
+ボーナストラック

手作り布ジャケット入りで、1,000円くらい。
時価です。



ジャケットは手製のため、ひとつひとつデザインが異なります。
写真に掲載されていないデザインもあります。
ライブ会場にて、お好みのデザインを見つけてください。


自信作です!


2009年9月26日土曜日

阿佐ヶ谷 NextSunday 2009-09-26



photo by 木内夏樹


2009年9月26日(土)
阿佐ヶ谷のネクストサンデーというライブハウスにて、フレグマ企画「僕はやっぱりロックのことを考えてしまう Vol.6」に出演させていただきました。

ネクストサンデーは可愛いらしいお店です。
グランドピアノもあるしね。



w/フレグマ、溝田志穂、shibata emico



実に3ヶ月ぶりのライブでした。この間もレコーディングや合宿とバンドは活発に活動していたのですが、やっぱり僕はライブが恋しかった。ステージに立って感じたことは、「たのしー」の一言です。
ライブ自体は、良い演奏が出来たと思います。特訓の成果が出たよ。でも、ライブ感やステージ上でのノリは少し忘れてた感があるね。

あと、僕のMCで僕自身が凹みました。いつまでたってもMCは上手くならない・・・。


フレグマは格好良かった。飲めば飲むほど強くなる酔拳バンドだなー。リズムのタイトさに感動しました。村上さんの声、いいんだよなー。

shibata emicoさんの歌は、あいかわらず心を揺さぶられるなー。11月以降はシャンソン歌手になるらしいよ。

溝田志穂さんは歌もステージングも上手。メロディーの気持ちよさが素敵だった。ゲストのオーコナチュラルさんとの掛け合いも面白かった。



1、SUN(新曲)
2、サッカー
3、ハラペコの船(先カンブリアver)
4、空間移動装置
5、僕は郵便配達をしていたんだ





CDがようやく完成しました。
かわいいでしょ!
自信作です。





本番ギリギリまでCD製作に追われてた。
間に合って良かったー。




book&bookstoreの名誉会員、フレグマの村上さん(はっぱ師匠)。
酔いっぷりが上手く表現された写真が撮れた。
この人の周りだけ、空間がねじ曲がってます。
決して写真の腕が悪いわけではない!




おまけ写真
暗視カメラで撮影したshibataさんと、彼女のレーベルの社長の竹内さん。


2009年9月24日木曜日

速報 CD完成間近です!!





CDがついに完成しました。
タイトルはまだ考え中。
仮タイトルで「BOOR BOO(ブーア・ブー)」です。
4曲+バーナストラック入りです。
値段もまだ考え中。
お求めやすい値段にするよ。

9月26日と10月8日には、初回限定として手作り布ジャケ入りのCDを発売します。ただいまジャケット製作中です。
かなりカワイイよ。




ここにCDを入れて、紐でしばります。


布ジャケ工場で働くあくびさん&大谷内さん


ミックス&マスタリングに励むスミス氏


2009年9月19日土曜日

9月26日のライブに向けてリハーサル





7・8月はあまりスタジオには入らず、
ひたすらスミス邸でレコーディングをしてたのですが、
9月からはキッチリ練習してます。

いいライブが出来ると思うんだよね。
楽しみだ。


2009年9月16日水曜日

フリーインストアイベント 出演決定!!



 



インストアイベントに出演が決まりました。
場所は、トレッサ横浜という大型ショッピングモールです。
2ステージやります。
お買い物がてら、ぜひ遊びにいらしてください。


        * * * * * *


10月8日(木) トレッサ横浜
Sound Records 主催
フリーインストアイベント

料金:無料
時間:13:00〜13:20、14:30〜14:50

アクセス:
東急東横線大倉山駅より約10分 アクセス詳細





 

2009年9月10日木曜日

9月26日はライブですよ!!







9月26日に、阿佐ヶ谷でライブをします。
本当に久々のライブです。
合宿して作った楽しい新曲もお披露目します。
お気軽に遊びにいらしてください。

あと、新しい音源も発売出来ると思います。たぶん。
自信作です。




フレグマ
企画
「僕はやっぱりロックのことを考えてしまう Vol.6」

会場:阿佐ヶ谷NextSunday
日程:2009/9/26(土)
時間:開場18:30 開演19:00
料金:2000円
出演:book&bookstore / shibata emico / 溝田志穂 / フレグマ

僕たちは2番目、19時50分くらいからです。


2009年9月8日火曜日

サックス2本同時吹き 2009-09-08





本日も懲りずにレコーディングでした。
9月26日のライブでの発売を目指して猛アタック中です。
時間があまりないので、アルトとテナーを同時吹きです。


鳥さんが帰った後、僕の歌のレコーディングもしました。
横隔膜が広がったまま、閉じなくなりました。
よい声でレコーディング出来ました。


おわり


2009年8月25日火曜日

レコーディングも大詰め 2009-08-25





今日もスミス邸にて、レコーディング。
鳥さんのサックスとカエルさんのトランペットを録音した。
字だけだと、なんか森の音楽隊みたいだなぁ。

カエルさん、長時間のレコーディングお疲れ様でした。カエルさんのサポートのお陰でかなり格好良くなったと思います。感謝。






鳥さん&カエルさんが帰った後、カップラーメンを食べて、佐藤さんのエレキギターの録音を開始。長い事かかったエレキギターも最後の録音が終わったよ。



7月頭から始めた録音作業も、だいぶ大詰めだ。
完成が待ち遠しいなぁ。


2009年8月18日火曜日

バンド合宿③ 2009-08-16〜18





お酒は、ほんと沢山飲みました。普段飲み会とかしない分、楽しくてしょうがなかったです。場末のスナック「あきこ」は、連日朝までオープンしてました。ママがあくびさん、チーママが大谷内さんです。

佐藤さんはショットバーをオープンし、実験的カクテル「タイキスペシャル」を振る舞ってくれました。真夜中を過ぎたあたりから、いかに笑えるカクテルを作るかをみんなで競い合いました。佐藤さんの「練り消し味」のカクテルや、鳥さん&あくびさんの「背中がゾクゾクする」カクテル、鳥さんの「激マズ」トロピカルカクテルなどなど。でもたまに、びっくりするくらい美味しいカクテルも出来たよ。


写真を撮り忘れたのが痛い・・・。






アニマルと戯れる大谷内さん&鳥さん





真夜中過ぎの花火大会。
この後、吸い込まれそうな星空を眺めました。
流れ星を数えたよ。
でも、めちゃくちゃ寒かったー。



朝6時まで飲んで、グロッキーな佐藤さん。




3日間の合宿を通して、メンバー感の絆がグッと強まったと思います。普段は絶対に泊まれないような別荘に泊まれて、いっぱいお酒を飲んで、ご飯をたくさん作って、曲も作って、楽しかったなー。
また合宿行こうね!!


2009年8月17日月曜日

バンド合宿② 2009-08-16〜18






セッションや録音以外にも、自炊をし、酒を飲み、山に登り、温泉につかり、花火をし、星を観て、いっぱい笑いました。標高が高いので昼間は涼しくて、夜はめちゃくちゃ寒かったです。
3日間とはいえ、共同生活をおこなったことで普段は観られないメンバーの姿が垣間みれて驚きもしました。鳥さんの料理はプロ級だし、あくびさんは底なしに飲むし、佐藤さんは意外に頑固者でボトルが空になるまで寝ないで酒を飲むし、ロバートはベースが恋人でした。スミス&大谷内さんは普段通りエロキャラだったなー。いい意味で。



火を起こさせたら天下一品、踊るスミス氏


バルコニーで焼き肉。虫との闘いでした。


コーラ割り大好きなロバート、早寝早起きです。



小料理屋「鳥」の一品料理、絶品です。


疲れてお昼寝、あくびさん


フニャピザ
もっと実験すれば良かった・・・。


オシャレな佐藤さんピザ。
彩りにこだわるあたりが、さすが佐藤さん。


大谷内さんピザ、梨とハチミツとチョコレートのスイーツピザです。
焦げたチーズが美味しそう。


ロバートが焼いたから、「炉端焼き」。
豚キムチと海苔のピザです。


2009年8月16日日曜日

バンド合宿① 2009-08-16〜18






8月16〜18日、長野県某所の別荘をお借りしてバンド合宿を行いました。
メンバーの御家族の別荘なので、詳しいことは内緒。





セッションして曲を作り、アレンジをして、録音まで行いました。
自然豊かな別荘地で心も晴れやかになり、輝く太陽のような曲が2曲出来たよ。みんなコーラスをして飛び跳ねちゃうような楽しい曲です。
9月のライブでお披露目できると思います。




鳥さん、フルート録音


佐藤さん、リラックスしすぎ



大大谷内さんは、スネアとカホーン
あくびさんは、グロッケン、トイピアノ、コーラス録音


ロバートは、朝からファンキーなベースをブリブリと



みんなでコーラス録音、賑やかで楽しい曲が出来ました。


スミス氏は、別荘の中心に陣取り、レコーディングとピアノを担当