2009年10月10日土曜日

CD発売にあたり、お祝いメッセージをいただきました。






CD「BOOR BOO」発売にあたり、さとうたいき氏(book&bookstore)からお祝いのメッセージをいただきました。
さとう氏の承諾を得ましたので、ここに転載させていただきます。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ひどい夢をみた。

小学校の教室に僕はいて、給食当番をしていたんだ。その日はデザートがついてくる日で僕はみんなにデザートを渡していく係だった。昔ながらのあんドーナツ。みんな手をたたいて喜んだ。先生がみなさん静かにと低い声で言った。サリバン先生のように厳格な人だった。 小学生の頃の教室はそんなかんじだっけ。僕は得意になってみんなにドーナツを配った。ところが、ユキちゃんという大人しい子が「このドーナツは毒が入っているのよ。大変。」と言い出した。 僕は「でたらめ言うなよ、そんなはずないじゃん」と強く言い返した。そんなことは有り得ない。

彼女はそれでも強く主張するので僕が毒味をする事になった。

ひとかけらのドーナツをかじってみたら舌が痺れ始めた。僕はうずくまった。見上げてみるとユリちゃんはユリちゃんでなくなっていた。アフリカ密教の首長に変わっていた。おぞましい表情をした仮面を被っている。仮面は笑っている。ビートルズの「A DAY IN THE LIFE」が轟音で流れ始めて、空間はぐるぐるにねじ曲がる。ぐへっぐうああなんて苦しんでいると、仮面は僕の上司の声を借りて「お前が責任をとって会社を辞めろ辞めちまえ」と繰り返した…。
僕はあまりに恐ろしくなったので、絶叫しながら走り出した。

そこで目を覚ました。

月曜日の朝4時20分である。汗を拭きながら再び眠りにつこうとするけどあまりの恐さに寝れないんだ。そんな時はカーペンターズやビリー・ホリデイや金延幸子の悲しくて優しいレコードをかける。でも今日は何を聴いてもさっぱりだめな気分だ。出勤の時間は迫る。窓の外は雨。絵に描いたブルーマンデイが始まる…。

眠ることを諦めてリビングまで出た。朝刊もまだ届かない時間。
夢で食べた毒入りドーナツの味が舌に残っている気がしてコーヒーで紛らわせてみる。まだ半分は夢の世界。 どうしたことかbook&bookstoreというバンドの音が聴きたくなってきた。CDをかけた。

やっぱりへんてこな音楽だなあ。

ネオアコの爽やかな調べにあわせて「濡れたパンツ」という言葉が出てくる。アフリカと宇宙を繋ぐ「サラマーティンの憂鬱」。 そして狂った吹奏楽団の調べで始まる「僕は郵便配達をしていたんだ」という曲。可愛い歌詞が目につくけど幼い頃の幻想に彩られただけの世界ではない。「君の子供たちがお家で待ってるから 君 もうお帰りよ」と呟いて雨を眺める「僕」は現実を受け止めてしまうがために苦悩する大人。そんな大人たちが彼女と猫をはじめとした動物達と雨の箱庭を作り上げていく。おもちゃ箱をひっくり返す音や星が降る音や雨の音。そして沈黙する六月の音。

正直言って僕は雨が好きではない。

猫も好きではない。精神的にマッチョでありたいと思うからだ。そういう呈で日々をやり過ごしているし、晴れの日によく仕事をしてビールをがばーっと飲みまくって仕事のことを忘れて次の日もまた仕事をするというサイクルで動いていたいと思うのだ。僕にとって太陽やビールは潤滑油になっている。

ところがそう一言で片付けられる話でもない。
突然、太陽も見たくなければビールも手に取りたくない時が来る。パタリ、と音を立てて全てが止まる。

中原中也という人の「六月の雨」という詩がある。
矛盾した話なんだけれど、この詩を読んだ時に僕は昔から雨が好きだったのかもしれないという気持ちがした。book&bookstoreのフニャ・コツチンが紡ぐ詩、彼らの音も同じだったんだ。

本当は昔から雨が好きだった。

雨の日に母に連れられて行った水族館。用もなく一人喫茶店から眺めていた雨。雨音に合わせて調子良く作業をするベルリンの鍛冶屋さん。雨の音を鍵盤で奏でるマンハッタンのピアノマン。雨の日には魔法のかかった世界に飛んでいくのだ。止まってしまった僕の何かが少しずつ動き出す音が聞こえる。



僕は会社へ行こうという気がしてきた。夢のまどろみにいる気分で仕事ができるかどうか不安で胃は痛いけど、常に精神的マッチョである必要もないということを自分に言い聞かせた。そもそもそんな話自体ナンセンスだ。朝陽の光がリビングに射しこんできた。
背筋が伸びるぜ。


よし、今日は早めに出勤しよう。


2009年10月7日水曜日

【緊急】10月8日のライブ、中止になりました。






明日(10/8)のライブですが、台風18号接近のため中止になりました。
残念ですが、仕方ないです。

楽しみにされていた皆様、申し訳ありません。


2009年10月5日月曜日

【緊急】10月8日のライブ、出演時間変更のお知らせ





以前お知らせいたしました10月8日のインストアライブですが、台風接近という事態のため出演時間が変更になりました。



10月8日(木) トレッサ横浜
Sound Records 主催
フリーインストアイベント

料金:無料
1ステージ目 14:00〜14:25
2ステージ目 15:10〜15:35

アクセス:
東急東横線大倉山駅より約10分 アクセス詳細



台風接近は心配ですが、ぜひ応援に来てくださいね。
全曲雨の歌なんで、シチュエーション的にはバッチリです。
むしろウチらが台風を呼んだのか!?
なんかワクワクしてきた!!!!


2009年10月4日日曜日

死の1000本ノック!!!! 2009-10-04





本日は久々に、ユアーズスタジオで練習しました。
今度のライブに向けて、猛特訓しました。
ベンチに寝転がってるのが鬼教官のスミス軍曹です。
みんな疲れて泣いてます(笑)。

というわけで、10月8日は無料ライブです。
横浜のショッピングモールでインストアライブです。
予約とかないんで、気軽に遊びにきてね。



□■ ライブ告知 ■□

10月8日(木) トレッサ横浜
Sound Records 主催
フリーインストアイベント

料金:無料
時間:13:00〜13:20、14:30〜14:50

アクセス:
東急東横線大倉山駅より約10分 アクセス詳細






ユアーズスタジオのアイドル"オンプちゃん"と記念撮影。
癒されます。


2009年9月27日日曜日

CD完成しましたー。





新音源「BOOR BOO」が、遂に完成しました。
読み方はブーア・ブー。
エチオピアのヒトマネ猿の鳴き声に由来する。
この声を聴くと、ホームシックになると言われる。
また、俄雨を招くとも言われる。



「BOOR BOO」

1、サッカー
2、空間移動装置
3、サラ・マーティンの憂鬱(アーバンアフリカver.)
4、僕は郵便配達をしていたんだ
+ボーナストラック

手作り布ジャケット入りで、1,000円くらい。
時価です。



ジャケットは手製のため、ひとつひとつデザインが異なります。
写真に掲載されていないデザインもあります。
ライブ会場にて、お好みのデザインを見つけてください。


自信作です!